上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
UOC vol.2ご参加の皆様お疲れ様でした。
ご来場本当にありがとうございました。

前回、これ以上の盛り上がりはないだろうと思っていましたが、今回は完璧に前回の盛り上がりを超えましたね…。ビックリするぐらいの接戦。そして初参加の方と前回経験者が融合してまだ二回目ではありますが、主催の想像を超越した完成度でした。。。何の完成度なのかと言われると「なんだろう…」って感じですが、全てが僕の予想を上回っていた、というか。これも参加していただいた方々が素晴らしい方ばかりで、こちらとしては本当にありがたく思っています。

それが象徴的だったのは、まさかの大接戦で迎えたラストゲーム、今回初めて出会った急造チームでありながらゲーム前に異例のミーティング(作戦会議)が自主的に発生し、円陣を組む姿も見られました。このフォーマットを作った側からしますと、「み、みなさん、そんなに夢中に…」と何だかジ〜ンとしました(笑

主催としましては、色々と至らない面もあったかと思います。
一つは以前は存在しなかったフィールドへの隠れ出入口があったこと。これに関しては賛否両論で、途中からイリーガルな出入口ということで封鎖はしましたが、スタートが同じ条件であれば現状維持でもよかったという声もありますので、まぁ、以降ちょっと考えておきます。
あとマイクパフォーマンスは…あ、どうでもいいですか、そうですか…。。。

やはり数字に見えて分かる勝負ですから、夢中になって、勝ち負けにこだわって、悔しがって、褒め讃えて、意見のぶつかり合いなんてのもあっていいと僕は思いますね。
主催として必要以上に物言う事もなく、参加者の思い思いでこのUOCを攻略していただけたらと思います。
だからこそポリタンクを奪って終了したゲームでは大歓声が湧き、獲られた方はクソったれと感じ、そして天王山では完全にやり切ったという充実感で満たされる。そんな一日を今後も作っていけたらなって思っています。

そんなUOCなわけですから、勝ったチームは凄い。個人賞を獲った人はなお凄い。
結果や内容は誌面にて取り扱わせていただきますが、心から賞賛させていただきたく思います。
はい。

個人的には今回お二人女性UOがご参加だったのが、実はめっちゃ嬉しかったです。
しかもお二人とも手強い…。かなり活躍されておられましたね。
お二人にはちょっと動画でご協力いただいたのですが、ああ〜一緒に写真撮ってもらえばよかった…と今かなり後悔。。。まぁでも運営から何から僕一人でやってるので、なかなかイッパイイッパイで頭が回りませんでした。
っていうか自分の写真すら撮ってないし…。

僕のフル装備姿を当日見られた方はあんまりいなかったと思われますが、一応解説すると…GROMに帯同しているNDS(アフガニスタン国家保安局)に偽装したAW(ポーランド情報局)と思われる人物です。AWというのはポーランド版CIAですね。ちょっとこれの元ネタはGROM先生から画像もらってたので。まぁそんな感じでした。

はい、長々とすいません。ここまで書く必要もなかったのですが、動画頑張って作ったのでぜひご覧になってください。本当は30分番組ぐらいの動画を編集するつもりだったんですが、メモリもバッテリーも使い切って撮れ高は15分でした(笑)意外と効率よく撮るのは難しいですね〜。この日ばかりは体が三つくらい欲しいです。
あとは無線の声をもっと強く拾いたかったですね…。BGMのせると消えてしまうのが次回までの宿題です。

希望としては大きな画面で、画質をHDに設定して、ヘッドフォンで視聴していただけたらなお臨場感あると思います。
では改めてご参加の皆様お疲れ様&ありがとうございました。
よかったらまた次回もご参加ください。


https://www.youtube.com/watch?v=QINiuDr_JKY



スポンサーサイト
さて、UOC vol.2二日ほど前です。
結構直前ではありますが、参加者から「これってアリですか?」というご質問がいくつかありまして、中には興味深いものも多数ありますのでこちらにまとめておきます。余裕がございましたらこちらも目を通して頂けたらと思います。

・「自作したラバーナイフは可能ですか?」
基本的に柔らかい素材で市販のラバーナイフと同等またはそれ以上の安全性が見込めれば可能です。
ただ刀剣や槍、ライトセーバーなど雰囲気を害する恐れのあるデザインはご遠慮下さい。
マシェット、トマホークなど、リアリティのあるデザインであれば可能とします。
せっかくの異質なルールですのでご活用ください。

・「マガジン、モスカート等を味方同士で受け渡しするのは可能ですか?」
ゲーム中はフィールド内での給弾は禁止ですが、マガジンやモスカートの状態であれば味方同士で供給し合って問題ありません。弾切れによるフィールドアウトの際は、仲間に一応聞いてみても面白いかもしれません。

・「0.25弾の使用は可能ですか?」
特に禁止はしていないです。ただ安全面から0.2弾を強く推奨します。

・「個人戦用のサイリュウムは折ってドロップするのですか?」
昼間は折らないでください。ゲーム後半になると日が暮れてきますので、そのタイミングで折ってドロップして頂きます。本当なら昼間から折っても構わないのですが、サイリュウムが安物なのであまり発光時間が長くないと思われるので。タイミングについては「次のゲームから〜」等と僕の方でアナウンスします。

・「ナイトビジョンの使用は可能ですか?」
可能です。故障等については自己責任でお願いします。

・「トルネード(BB弾がはじけ飛ぶグレネード)の使用は可能ですか?」
可能です。ただし必ず下手投げでお願いします。
他、BB弾が飛ぶクレイモア等も使用可能です。

・「無線妨害は可能ですか?」
無線傍受が可能なのでその応用ルールとなりますが、あまり妨害が乱発してしまうとそもそもイーグルアイという特異なルールが埋もれてしまう可能性もあります。
ただUOCですのでシギントとして諜報活動したいという要望にも応えたいので、これに関しては僕の方から許可が下りた方のみ可能とさせてください。
どのように妨害するかを提案していただいて、僕の方でこれは面白い!と思った方のみ妨害可能です。
ただ単純に傍受して誤情報を流します…程度ではちょっと面白くないので(汗笑
現在は1名妨害ライセンス許可させていただきました。


UOCは単なるサバゲにあらず…です。
様々な可能性を取り入れ、高ストレス下で生き抜いて、死闘を繰り広げるがテーマでもありますので、今回に関してはちょっと制限時間一杯ですが、参加者のアイデアは積極的に取り入れていきたいと思っております。

22teamuo.jpg
※お一人様抜けていました…スミマセン、修正しております。

UOC vol.2多数のエントリーありがとうございました!
総勢61名の方で今回は開催する運びとなりました。
エントリーされた方は上のチーム分けをご確認の上、「あ、イエローなんだ」とか「あの人と一緒だ」とか感じていただいたりしまして、もしお名前が入ってない!とか名前間違ってる!という場合はご一報ください。コメント欄でも構いません。何卒宜しくお願い致します。
チームは一日通して不動です。このお仲間で一日戦っていただきます。

で、一応僕がレッドチームに入っておりますが、単に一枠空いてたので入れただけで、僕はゲームを回しながら多分タイミングを見て劣勢のチームにたまに入れて頂く感じになると思います。
と!いうのも!ひどいことにこれだけの方がご参加頂いたにも関わらず、当方のチームメンバーが一人も来ないという状況で、前回「次回は僕らがゲーム回しますんで、藤原さんはゲームにも参加してください」なんて言ってくれてたのは何だったんだってゆー。ほんとに。
ということでゲーム自体は僕が仕切らせて頂きますが、1ゲーム30分と長いので多分ちょこちょこ入れるかな、とか思っております。

さて、後は怪しい装備販売でおなじみの?レッドアフガンさんの露店やフリマなどで、装備は現地調達なんてことも?できそうです(笑)僕も少し露店をやる予定です。特にレッドアフガンさんではUOにモッテコイないかがわしいアイテム盛りだくさんだと思います。

後は万が一雨天の場合でも僕はおります。集まった方で撮影会などをしたりもすると思います。
あと二週間切りましたが、ぜひ楽しく激しいイベントになれるようコチラも頑張りますので、ルールやレギュ等何卒ご協力ください。みなさんとお会いできる事を楽しみにしております。

| Home |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。